にんちこうどうりょうほう(認知行動療法)

用語

クライエントは行動や情報の問題だけではなく、考え方や価値観、イメージなど、さまざまな認知的な問題を抱えている。行動や情動の問題に加え、認知的な問題をも治療の標的とし、治療アプローチとしてこれまで実証的にその効果が確認されている行動的技法と認知的技法を効果的に組み合わせて用いることによって問題の改善を図ろうとする治療アプローチを総称して、認知行動療法という。

コメント

タイトルとURLをコピーしました